閉じる
食農・地域貢献

活動レポート

13チームが熱戦 JA杯少年サッカー大会開幕

2019.04.28

190428soccer1.jpg 第11JAたじま杯少年サッカー大会が428日、豊岡市立玄武洞スポーツ公園で開幕しました。但馬全域から13チーム約100人が参加しました。

 この大会は、第52回兵庫県少年サッカー大会の但馬地区予選(6年生以下)を兼ねたもの。JAたじまの福井部長が開会式で、「JAは"たじまに生きる たじまを活かす"をスローガンに、但馬の将来を担う子どもたちの健やかな成長を願っています。選手の皆さん、力いっぱいのプレーを期待しています」とあいさつ。選手を代表して、但馬サッカークラブリベルテの谷山竜司郎主将が「日頃から支えてくれる方に感謝し、仲間との絆を胸に、持っている力を発揮して戦い抜くことを誓います」と力強く宣言しました。190428soccer2.jpg

 試合は8人制、20分ハーフ、トーナメント方式。この日勝ち残った4チームが、512日に全但バス但馬ドーム芝グラウンド(豊岡市日高町名色)で開かれる準決勝に進みます。

 JAたじまでは子どもたちの健康づくりを応援するため、管内のさまざまなスポーツ大会を支援しています。

190428soccer3.jpg190428soccer4.jpg