閉じる

活動レポート

  • HOME
  • 活動レポート
  • JAファーマーズ・たじまんま和田山 7月31日にプレオープン 出荷者らに説明会

JAファーマーズ・たじまんま和田山 7月31日にプレオープン 出荷者らに説明会

2018.06.22

180615tajimannmawadayamanaka.jpg 朝来市和田山町枚田に開店する「JAファーマーズ・たじまんま和田山」のプレオープン日が今年の7月31日に決まりました。店舗は、株式会社エーコープ近畿が運営するスーパーマーケットの一角に、JAたじまの農産物直売所「ファーマーズマーケットたじまんま」を併設したものです。売場の総面積は1,920.06㎡で、食品スーパーとしては朝来市で最も大きい施設となります。グランドオープンは今年の秋を予定しています。

 食料品や日用品に加え地元産の新鮮な農産物を手頃な価格で買えること、大型店舗と直売所の併設によって商圏が拡がること、多様化する消費者ニーズに対応できるようになることなど、より地域に密着した商業拠点として消費者、生産者、販売者の三方向から期待が寄せられています。

180615tajimannmawadayama.jpg 6月14日と15日の両日、オープンに向けて直売所への出荷者を対象にした出荷説明会を初めて開き、朝来市や養父市の生産者ら約220人が、農産物や加工品などの出荷手順について確認しました。営農生産部の小山有俊部長は、「しっかりと販売していく。地域の農業振興や活性化に向けて生産者、エーコープ、JAが一丸となって店舗の運営に努めていこう」と呼びかけました。和田山町の繁田政子さんは、「出荷する場所が増えることは生産者にとって喜ばしいこと。安全で安心なものを出荷し、良いものを手頃な価格で多くの人に届けたい」と話していました。

 プレオープンからグランドオープンまでは、スーパーの部分と直売コーナーを壁で仕切り、直売コーナーのみを運営します。営業時間は午前9時から午後6時まで。

 6月15日現在の同直売所の出荷会員登録者数は258人。今後も朝来市や養父市の生産者を中心に出荷を呼び掛けて会員数を増やし、数年内には会員数500人以上を目指します。入会および同直売所への出荷に関する問い合わせは、和田山営農生活センター(079-672-4800)もしくは、特産課(0796-24-6672)までお願いします。