閉じる

活動レポート

  • HOME
  • 活動レポート
  • 組合員の新たなよりどころに 日高支店・日高営農生活センターが竣工

組合員の新たなよりどころに 日高支店・日高営農生活センターが竣工

2021.07.19

210718JAたじま 日高支店・日高営農生活センター整備工事竣工奉告祭.jpg

 JAたじまは7月18日、豊岡市日高町宵田で建て替え工事を進めていた、日高支店と日高営農生活センターの整備工事竣工奉告祭を行いました。同JA役職員や工事関係者など約30人が出席し、完成を祝いました。

 現支店は19653月に旧日高町農協本店として建設され、築56年が経過。老朽化の進行や組合員のニーズに対応するため、昨年6月初旬から店舗の建て替え工事を進めてきました。

 新支店は延べ床面積102129平方メートルで、組合員の要望により調理室を新設。新営農生活センターは資材店舗・資材倉庫を含め延べ床面積81684平方メートルで、雨に濡れないように資材倉庫に屋根付きの車寄せを設置しました。そのほか、来店客の利便性を考慮し、支店と営農生活センターの間に屋根付きの回廊を設置し、金融や営農、資材が一拠点で完結する施設整備としました。

 同祭の後に行われた式典では、太田垣哲男組合長が「組合員のよりどころとして、また相談窓口として大いにご利用いただきたい」とあいさつしました。

 同営農生活センターは2021112日からすでに営業を開始しており、新支店は26日からです。オープンを記念して、支店では28日まで来店者にプレゼントを行う予定です。