閉じる
セリ市

活動レポート

但馬牛 4月子牛市開催

2019.04.11

190410kousi1.jpg JAたじまは4月10日、但馬牛の子牛市を但馬家畜市場で開きました。雌と去勢を合わせた1頭平均価格は994,859円(税込)と、前回の3月市より43,470円安で、昨年同期とほぼ同等でした。

 せり市には県内の繁殖農家が生後7~10カ月の雌103頭、去勢150頭の昨年同期より41頭増の計253頭を上場しました。1頭の最高値は2,293,920円(税込)。養父市の太田克典さんが生産した、父に「芳悠土井」、母の父に「丸宮土井」の血統を持つ雌でした。

 畜産課の村尾忠司課長は「例年4月市は端境期で上場頭数も少ないが、畜産クラスター事業での繁殖牛舎整備等に取り組むことで、昨年より上場頭数が増えている。価格も昨年同等で推移し、令和元年の良いスタートが切れた」と話していました。

 次回の5月8日のせり市には270頭が上場される予定です。