閉じる
セリ市

活動レポート

但馬牛 12月子牛市開催

2020.12.11

201209JAたじま 子牛市.jpg

 12月9日に、特産松阪牛や神戸ビーフのもと牛となる「但馬牛」の子牛市を但馬家畜市場で開きました。1頭平均価格は871050円で、前回の11月市(827572円)と比べて約5.3%増加。前年対比(828697円)でみても約5.1%増加となり、20195月市場以来、17カ月ぶりに前年対比で上回りました。12月に入り、回復傾向だった枝肉相場が多少下落となったものの、子牛相場は高騰。年末に向けた肥育牛の出荷が進んだことで牛舎が空き、購買意欲が高まったことが要因として考えられます。

 12月市は県内の繁殖農家が生後710カ月の雌143頭、雄1頭、去勢216頭の計360頭を上場。販売総額は313578100円でした。

 美方郡香美町小代区の朝倉久子さんが上場した、父牛に「芳悠土井」、母の父牛に「菊俊土井」の血統を持つ雌牛がこの日の最高価格の2119700円で取引されました。一頭取引価格で200万を超えるのは20194月市場以来、18ケ月ぶりです。

 JA畜産課の村尾忠司課長は「雌の高値は松阪地域の旺盛な購買と地元繁殖農家が繁殖仕向け用で引き上げた結果となった。市場全体としては子牛の揃いもよく想定以上の高値で取引されたと思う」と話しました。