閉じる
セリ市

活動レポート

但馬牛 3月子牛市開催

2021.03.11

210310JAたじま 子牛市.jpg

 JAたじまの但馬家畜市場は10日、「神戸ビーフ」「特産松阪牛」などのブランド牛肉の素牛となる「但馬牛」の子牛せり市を開きました。

 兵庫県内の繁殖農家が雌牛170頭、去勢牛226頭の計396頭を上場し、1頭平均価格は742367円。前回の1月市と比べて9289円増加し、ほぼ横ばいで推移しました。

 新型コロナウイルスが感染拡大し始めた昨年3月市の平均価格(691584円)と比べると、約7.3%増加しており、若干ではありますが回復傾向に転じています。2月末で兵庫県は緊急事態宣言が解除され、経済活動が戻りつつある中、消費拡大が期待されています。

 JA畜産課の村尾忠司課長は「子牛のバラツキも散見されたが、子牛価格は全国並で推移している。消費はまだまだ回復していないが今後の神戸ビーフ枝肉相場に期待したい」と話していました。

 次回は4月14日に開催予定。