閉じる
セリ市

活動レポート

但馬牛 10月子牛市開催

2021.10.18

JAたじま 子牛市 1013.jpg JAたじまは10月13日、神戸ビーフや特産松阪牛などのブランド牛肉のもとになる「但馬牛」の子牛せり市を但馬家畜市場で開きました。9月末での緊急事態宣言解除に伴い、せり場内は購買客でにぎわいました。

 その勢いに乗り、雌と去勢を合わせた1頭平均価格が上昇。838,010円で、昨年12月市以来の80万円台となった。良い牛がそろっており、緊急事態宣言も明けたことで市場が活気づき、値段につながったことが要因として考えられます。前回の9月市(775,765円)と比べると、62,591円高でした。

 10月市では、兵庫県内の繁殖農家が雌牛151頭、去勢牛185頭の計336頭を上場。販売総額は28,1571,400円だった。

 畜産課の福井徹課長は「緊急事態宣言も解除となり、県外からの購買者も多く来場いただけた。コロナの状況も落着きが見られ今後の価格に期待したい」と話しました。