閉じる
セリ市

活動レポート

但馬牛 10月子牛市開催

2022.10.13

221012JAたじま 子牛市.jpg

 JAたじまは10月12日、但馬牛の子牛せり市を養父市の但馬家畜市場で開きました。

 雌と去勢を合わせた1頭平均価格は783,298円で、前回の9月市(746,402円)と比べて36,896円上がり、2市場連続で相場を上げました。また、この日の最高額は2211,000円で取引されました。昨年12月市ぶりの200万円超えに、せり場内はにぎわいを見せました。

 10月市では、兵庫県内の繁殖農家が雌牛128頭、去勢牛165頭の計293頭を上場。販売総額は22,9506,200円でした。

 JA同市場の生田景一場長は「県外からの購買者も多く来場頂いた。新型コロナの行動制限が緩和されたことからの経済回復の期待感が大きかったのでは」と話しました。