閉じる
食農・地域貢献

活動レポート

高校生がたじまんまで職場体験

2014.08.12

 兵庫県立但馬農業高等学校の生徒が8月4日から8日までの5日間、JAたじまのファーマーズマーケット「たじまんま」で業務を行い、実際の職場を体験しました。

 

 同校では、2年生を対象に設立当初から夏期現場実習として、地元の農家での農作業や企業などでの就職体験などを実施しています。社会の厳しさや人づきあいの大切さなどを、実習を通じて学ぶことが目的で、平成26年度は約40の企業などで同校の生徒約90人が実習しました。

 

 「たじまんま」で実習したのは、同校農業科の中西海月さん、濱田大志さん、三宅由希さんと、生活科の杉本未祐莉さん、竹石梨花さんら5人。生徒らは、たじまんま職員に教わりながら、商品の陳列や野菜の包装などを体験しました。最初は慣れない職場での作業にとまどいながらも、一つひとつの作業を丁寧にこなしていました。

 三宅さんは、「普段は気付かない裏方の仕事が多く大変だったが、やりがいがあって楽しかった」と話していました。

 

140808tanno.jpg

140808tannno2.jpg