閉じる
セリ市

活動レポート

上田伸也さんが2冠 香美町子牛品評会

2015.09.07

150904kamityou1.jpg150904kamityou2.jpg 香美町とJAたじまは9月4日、第11回香美町子牛品評会(前期の部)を美方郡農村総合研修センターで開きました。雄・雌の部と去勢の部の2部門で、香美町村岡区宿の上田伸也さんの出品牛を最上位に選びました。

 品評会は、優秀な但馬牛を生産するための技術研修の場として毎年開催。平成26年12月から27年2月までに香美町内で生まれた子牛、雄・雌の部に28頭、去勢の部に15頭が出品。JAたじまの職員らが、資質や発育状況などを1頭ずつ念入りに審査しました。

 雄・雌の部の一等賞一席の「とみ402」(写真上)は、12月8日生まれで、父牛は「芳悠土井」、母牛は「ひろとみ1」。月齢に応じた十分な発育で、但馬牛の欠点でもある後躯が特に充実しており、輪郭も鮮明で品位の良さが評価されました。上田さんは、「特に健康管理に気をつけてきた。ダブル受賞は初めてでとてもうれしい。今後は繁殖牛としての体型をしっかりつくり、いい子牛を出産させたい」と話していました。

 去勢の部の金賞1席には、「福354」を選びました。(写真下)