閉じる
食農・地域貢献

活動レポート

地域のボランティアと協力し支店の周りを美しく

2013.03.13
 JAたじま出石支店と出石営農生活センターの職員ら11名は3月9日、地域のボランティア団体「河原区さくらの会」の会員12名と協力して、支店周りの清掃と桜の木の剪定を行いました。
 さくらの会は地域の住民が組織していて、花壇の清掃などの活動をしています。出石支店の幹線沿いには雑木などがあり、さくらの会だけでは手が足りないことから職員が協力して取り組むことを決めました。

 職員らは約2時間半かけて、雑木を切ったり空き缶などのごみを回収したりしました。また、さくらの会の方に教わりながら、桜の花が咲いた時にきれいに見えるように、不要な枝を切るなどし、景観の美化に努めました。

130309izusiseisou-2.jpg

 出石支店の日下部真支店長は、「先輩が植樹した桜は40年来の古木で、この地域の中でも早くに咲くことから多くの人の目に触れ、なごみの場所として使われている。こうした活動を通じて、地域の組合員への貢献につなげたい」と話していました。

130309izusiseisou-1.jpg
協力して雑木を切る職員ら