閉じる
暮らしのサポート

活動レポート

除草剤散布の省力化 eボート試運転

2016.05.24

160523Ebo-to1.jpg

 
 
 
豊岡市出石町のほ場で5月23日、株式会社タカキタの除草ボート「eボート」の試運転が行われました。

 試運転にはグリーンいずしの従業員やJA職員、農家など35人が集まり、作業の様子を見学しました。

 「eボート」は農業法人グリーンいずし代表の狩野誠一さんが購入。兵庫県内では初の購入者。

 

 狩野さんは「体系処理を行う際に簡単に効率よく散布できるので、除草剤の量を減らすことができ、環境にも稲にも優しいのが魅力的」と話していました。

 「eボート」には容量10㍑のタンクが搭載されており10aあたり10分~15分ほどで除草剤を散布できます。