閉じる
暮らしのサポート

活動レポート

千羽鶴に平和への願いを込める

2016.05.25

160524higasidei1.jpg 豊岡東デイサービスセンターの利用者が折った千羽鶴を近くの豊岡市立新田小学校の児童へ贈りました。千羽鶴を受け取った同校6年生35人は、5月26日、27日の修学旅行で訪れる広島平和記念公園で、利用者らの思いとともに千羽鶴を手向けます。

 24日に開いた贈呈式では、施設の利用者の代表が児童の代表に千羽鶴を手渡し、児童らは戦争や原子爆弾の恐ろしさを語る詩を朗読したり歌を歌ったりしました。また、利用者から昔の話しを聞いたり肩を叩いたりして交流しました。修学旅行後には報告会を開く予定です。

 児童の代表は、「皆さんと話せてとても楽しかったです。広島へは初めて行くので"平和の大切さ、戦争の恐ろしさ"を勉強していきたいです」と話していました。利用者は、「普段、高齢の妻と二人暮らしなので、こういう機会があってとても楽しく、涙が出ました」「気をつけて行って来てほしいし、土産話を楽しみにしています」と話していました。