閉じる
セリ市

活動レポート

美方郡種牛共進会 一等一席に村尾さんの「みのり3の5」

2016.10.03

 160929mikatataneusi1.jpgJAたじまは9月29日、第85回美方郡種牛共進会を美方郡農村総合研修センターで開きました。美方郡管内の畜産農家約30戸が44頭出品。最優秀賞には新温泉町の村尾和広さんが出品した「みのり3の5」が選ばれました。

 美方郡種牛共進会は優秀な但馬牛を生産するための技術研修の場として毎年開催しています。共進会ではJAや県畜産試験場、全国和牛登録協会県支部など関係機関の担当者らが但馬牛としての資質や品位・均称や発育状況など1頭ずつ審査し、上位7頭を決めました。この日の共進会で入賞した7頭は、10月30日に淡路市の淡路家畜市場で開かれる第98回 兵庫県畜産共進会に出品されます。

 最優秀賞の「みのり3の5」は昨年3月23日生まれで、父牛は「芳悠土井」、母牛は「みのり3」。体高127.2cm。胸囲178cm。月齢に合せた発育も良く、特に中躯に伸びがあり均称のとれた品位の良さが評価されました。

 村尾さんは「今はただただ嬉しいという思いが強い。これに満足しないで、県共でも上位に入れるよう気を引き締めて育成に努めたい」と話していました。

 美方郡種牛共進会の結果、県共の出場が決まったほかの6頭は次のとおり。

一等2席=「やえひめ」上田伸也さん

 同3席=「えりい」中井のり子さん

 同4席=「こうふく27」上田伸也さん

 同5席=「さちにしき」山本智明さん

二等1席=「よしつね3の1」井上哲也さん

 同2席=「かりゆし」淀貴至さん