閉じる
たじまで農業

活動レポート

村岡米消費者と交流 収穫を楽しむ

2015.09.25

 村岡米生産組合は9月20日、美方郡香美町村岡区大糠のほ場に都市部から特別栽培米「村岡米」の消費者らを招いて、交流会を開きました。大阪市から訪れた約130人が稲刈りやサツマイモの収穫をして生産者らと交流を深めました。

150920muraokamaiinekari.jpg

 交流会は、村岡米のおいしさや収穫の楽しさを消費者に知ってもらおうと、同組合が同米を取り扱う大阪の米穀店と毎年開いています。今年からサツマイモの栽培も始めました。

 この日は、昔ながらの鎌を使った手刈りと、コンバインによる稲刈りを体験。参加者らは、生産者に鎌の使い方を教わり、一株ずつ丁寧に刈り取っていました。稲刈りの後には5月に植えたサツマイモの収穫を楽しみました。

 親子3人で参加した三木悠生さんは、「稲刈りをしたのは初めてで楽しかった。サクッと切れる感触が気持ちよかった」と話していました。同組合の田中市郎副組合長は、「天気も良く収穫を楽しんでもらえてよかった。消費者に生産の現場を知ってもらう体験をこれからも続けていきたい」と話していました。

150920muraokamai2.jpg 同米は、農薬を慣行栽培の半分以下に抑えた特別栽培米のコシヒカリ。昼夜の温度差が大きい村岡地区で、有機質肥料を中心に使い、土作りには但馬牛の堆肥を活用しているのが特徴。生産者22人が約28haで栽培しています。