閉じる
たじまで農業

活動レポート

モスバーガー店長らがトマト苗を植え付け

2015.05.12

150507tomato1.jpg JAたじま豊岡そ菜部トマト委員会は5月7日、提供先の株式会社モスフードサービス(本社:東京都)が展開するハンバーガー店「モスバーガー」の社員と一緒に豊岡市八社宮のハウスでトマトの苗を植えました。

 農業体験は、社員に生産現場を知ってもらい野菜の大切さや生産者の思いを感じてもらおうと同社が企画したもの。

  同委員会は市内のトマト生産者11人で構成。年間約100tを地元や神戸の市場などへ出荷します。同社との取り引きは10数年前から始まり、同社社員との農業体験は今回が初めて。 

 この日は、モスバーガーコープデイズ豊岡店の店長やスタッフなど5人が参加し、生産者の小西宏和さんのハウスでトマト苗の植え付けを体験しました。こだわりや栽培の苦労などを聞いたあと、植え方を教わり1本ずつ丁寧に植えていきました。廣澤麻美店長は、「普段使う食材のことや生産者の思いなどを知り、今まで以上に大切に調理したい。豊岡産のトマトだけの商品などができたらいいですね」と話していました。今後はわき芽取りや収穫も体験する予定です。 

 同委員会の西浦勝治さんは、「体験で感じたことを今後の営業に活かしてほしい。ぜひ店に行って味わってみたい」と話していました。