閉じる
たじまで農業

活動レポート

豊岡市産実エンドウ出荷順調

2015.05.19

150518endou1.jpg

 但東町野菜生産組合実えんどう部会で5月14日、実エンドウの今季の出荷が始まりました。生育は順調で、出荷時期は昨年より10日ほど早いそうです。出荷は6月中旬まで続く予定です。

 豊岡市但東町内の実エンドウ生産者で構成する同部会の7人が、約30aで栽培。昨年は4月下旬に霜が降るなど低温が生育に影響しましたが、今年は高温で雨量が少なく作柄は良好です。主な出荷先は豊岡市や明石市の市場で、今季は昨年より0.4t増の約2tの出荷を見込んでいます。

 約4aで実エンドウを栽培している田村義實さんは、18日までに29ケース(1ケース4kg)を出荷しました。田村さんは、「水管理に注意し土の状態を見ながら潅水をしたおかげで実の太りや実入りもまずまず。この実エンドウは甘みがあるのでエンドウご飯がおすすめ」と話していました。