閉じる
たじまで農業

活動レポート

優良種子の生産 総会で呼びかけ

2015.07.02

150630onsenseed.jpg

 新温泉町種子生産組合は6月30日、兵庫県立但馬牧場公園(美方郡新温泉町丹土)で第55回通常総会を開き、平成27年度の活動計画などを決めました。総会には、構成員の生産者のほか、JAたじまなどの関係者ら69人が出席しました。

 平成26年度は、84人が35haで生産し約150t販売。今年度は、生産者の栽培技術の向上を図り、研修会やほ場審査をすることを決めました。役員の改選で組合長に再任された宮脇諭組合長は、「ほ場管理を徹底し、自主点検をしっかりして一人一人の生産の質を上げていこう」と呼びかけました。

 総会後は、新温泉農業改良普及センターの職員が稲こうじ病と生育管理についての研修会を開き、稲こうじ病の防除の仕方や、ほ場の雑草や異型の見つけ方などを説明しました。