閉じる
たじまで農業

活動レポート

新鮮野菜をお届け 産直部会出荷始まる

2014.06.06

140606santyoku.jpg

 新温泉町産直部会は6月6日、スーパーの阪急オアシスに向け、今季の出荷を始めました。この日は、キュウリやホウレンソウなど19品目約1,000点の旬の野菜を出荷し、夕方には店頭に並びました。

 

 部会員らは、午前8時半ごろから、温泉営農生活センターに次々に野菜を持ち込みました。部会員で集まった野菜の品質の検査や数量を確認したあと、トラックに積み込み、野菜を積んだトラックを送り出しました。

 

 副部会長の池田寿夫さんは、「これまで気温が低い日が多かったため、初日の数量はやや少ないが、品質の良いものが揃っている。これからは気温が上がり、出荷数量も増えてくるだろう」と話していました。

 出荷は6月が週1回、7月からは週2回に増やし、11月末まで続きます。

 

 美方郡新温泉町内の28人で構成する同部会は、野菜やキノコ、加工品など約60品目を生産し、近畿地区で営業するスーパー阪急オアシスのうちの日生中央店(猪名川町)など4店舗に産地直送しています。昨年度は687万円を売上げ、今年度は700万円を目指します。